秋ワンピースねっと

autumn dress onepiece

ファッションショーの遷移

      2014/03/17

コーデの主役にしたい上質な大人のワンピース

mm20120904123531_151072671
神戸コレクションや東京ガールズコレクションなどで、
今や身近な物となったファッションショー。

日本初のファッションショー

実は日本初のファッションショーが開催されたのは今から87年前
1927年(昭和2年)9月21日でした。
東京日本橋にある三越呉服店(現在の日本橋三越本店)の館内にある「三越劇場」で、
日本初のファッションショーが開催されました。
まだ当時の流行の中心は着物で、ショー自体も全て着物で行われたようです。
これが先駆けとなりましたが、まだまだ庶民には遠い存在でした。

ヨーロッパの流行

終戦後の1950年代。
日本のファッション業界にヨーロッパの流行の波が押し寄せてきました。
当時パリで クリスチャン・ディオールが発表した「A-LINE」アルファベットの「A」の形をした美しいシルエットの服が大流行。
日本でもファッションショーが行われました。

ミニスカートの流行

その後、高度経済成長期をむかえた1960年代。
ロンドンのマリー・クヮントが発表したミニスカートは世界的に大流行。
日本女性の間にもミニスカートが大流行し、この頃から高級ブランドが次々と誕生。
そのファッションは一般に向け大量生産されるようになりました。

ファッションショーの進化

70年代から日本のファッションショーはさらに進化を遂げます。
バブル景気に高揚した1980年代。80年代を席巻したファッションはボディコン。
さらに「コムデ・ギャルソン」「KENZO」と言った日本人デザイナーのDCブランドが大流行。
バブル景気を受け、ファッションショーはさらに大型化し派手になってきます。

そして2000年に入り、神戸コレクションが開催。
2005年には東京ガールズコレクションも始まり、
ファッションショーは、総勢80名ものトップモデルやトップアーティストが
次々と出演する大規模な物へと発展しました。

ファッションの歴史とともに進化してきた日本のファッションショー
これからはどのような形態へと変わっていくのでしょか?

 - 秋ワンピース

Top